プロフィール

 

西大路有紀子(Yukiko Nishioji)
yukko

yukko

タイ料理研究家
タイ料理教室主宰

経歴

東京都出身

タイ料理習得

2000年より、味澤ペンシー先生に師事
Asia Cooking Studioの
基礎、中級、応用1~2、エキスパート1~5(各12回)
お菓子1~2(各12回)
ペーストコース(各6回)
ほぼすべてのクラス130回以上に参加し、400品のレシピを習得する

ThaiTEC スワンドゥシットラチャパット大学東京校
2012年7月 基礎講座90時間
2015年4月 中級講座100時間
第1期生として卒業

2013年8月 チェンマイBrown Rice ドゥアン先生
2014年8月、2015年2月 チェンマイpunpun ワット先生、ガターイ先生
2015年2月、2016年2月、2017年2月 ターおばさん(パーター)
ベジタリアンタイ料理を学ぶ

2014年8月、2015年2月 2016年2月チェンマイ、アーム先生より北タイ料理を学ぶ

その他、多くのタイ料理教室に参加
今もタイ料理の勉強を重ねています

タイ料理教室実務

2009年~2013年 味澤ペンシー先生料理教室アシスタント
2009年~  竹下ワサナ先生来日時、料理教室ボランティア・アシスタント

2002年~2008年 自宅でタイ料理ランチ会を120回開催

2005年~2015年 練馬区でタイ料理サークルを主催 区の施設を使って、220回開講する
ご紹介したレシピは160品以上

2015年3月 タイ料理教室diidiiをオープン

2014年11月 豆腐マイスター
2016年11月 おから味噌インストラクター

1994年に初めてタイに旅して以来、渡タイ歴25回以上
地方の小さな街やマニアックなタイを旅しています

ご挨拶

タイ料理との出会い

初めてタイ料理を食べたのは1992年頃。
あるイベントでグリーンカレーと春雨サラダを食べて、初めての味に衝撃を覚えました。
パクチーも見るのも食べるのも初めて!
もう一度食べたいな~と思っても、まだタイ料理店があまりない時代。
インターネットもありませんでしたから、お店を探すのも一苦労でした。

その頃、タイ好きの知人に連れられて初めてタイへ旅行する機会がありました。
初めていく国なのに、なんだか懐かしい…
そうだ!子供の頃の日本に雰囲気が似ているのかしら?
人がみな心温かくて、子供にも声をかけて可愛がってくれる。
そして、圧倒的なタイ料理の美味しさ!!!
甘い・酸っぱい・辛いの三つの味のハーモニー♪
肉も魚もシーフードも新鮮で美味しい!
色とりどりの果物と新鮮なハーブが所狭しと並ぶ市場。
活気のある売り買いの様子。
海も山も美しい、魅力的な国タイ!。
すっかりとりこになってしまいました。

タイ料理講師として

その後2000年に一生の師と仰ぐ味澤ペンシー先生と出会いました。
先生の作る料理はとても美味しく、先生のお人柄はとてもチャーミング!
楽しくて楽しくて教室に通い続けているうちに、すっかりタイ料理にはまってしまいました。

いつしか自宅で友人に振る舞うようになり、そして求められて教えるようになりました。
近所の公民館の調理実習室を使ってのタイ料理サークルがスタートしました。

人様にお教えするには、私自身がもっと学ばなければいけないと、
スワンドゥシットラチャパット大学東京校の基礎講座90時間、中級講座100時間を第1期生として受講しました。
また多くの著名なタイ料理研究家の方々のレッスンを今も受け続けています。

2013年にチェンマイでベジタリアン・タイ料理に出会ってからは、毎年勉強しに通っています。
ターおばさんを始め、いろいろな先生やレストランで学んできたものを、日本の豆腐製品を使ったオリジナル・ベジタリアン・タイ料理としてご紹介しています。

タイ料理愛を伝えたい

タイ料理に初めてであった頃、いつかタイ料理を教えるようになるなんて、もちろん思ってもいませんでした。
それが、いろいろな出会いやご縁が、私とタイとタイ料理の結びつきを深く、強くしてくれて、いつかその魅力を皆さんにご紹介したいと思うようになりました。

diidiiでタイ料理を習った皆さんが、ご自宅でタイ料理を上手に作れるようになって、食卓が彩られ、ご家族やご友人、恋人に喜ばれている。
タイにも興味を持つようになって旅行するようになられた。
タイ語を勉強するようになられた。
diidiiで知り合って仲良くなった方同士で、タイ料理店に食べに行かれた。

私がかつてそうだったように、皆さんがタイ料理に出会ったことで、毎日が少しずつ変わっていき、happyになっていく様子を生徒さんから伺うのが、なにより嬉しいです。

講師yukkoも皆さんとご一緒に、タイとタイ料理を愛する心を深めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。